あと¥5,000の購入で送料無料になります。

第七講(後編)「3Dプリンターを購入して実際に使ってみよう! 〜出力から片付けまで〜 」

RSS
第七講(後編)「3Dプリンターを購入して実際に使ってみよう! 〜出力から片付けまで〜 」

 

前編に引き続き、初めて3Dプリンターを購入してから、実際に出力するまでの流れを丁寧に解説します。この企画での使用プリンターはPhrozen社のSonic Miniです。

 

 

第七講(前編)「3Dプリンターを購入して実際に使ってみよう! 〜購入からセットアップまで〜 」

 

 

後編ではセッティング後、実際に出力してみます。

 

 

実際に出力してみる

 

 

さて、早速自分が出してみたいSTLデータを出力してみましょう。


Sonic Miniは「.phz」という拡張子ファイルにして出力するため、まずは出力したいデータをCHITUBOXで編集する必要があります。CHITUBOXの画面を見ながらやってみましょう。超基本的な動作だけご説明します。

 

 ①出力したいデータを用意する

 

STLデータなどはインターネットでダウンロードすることが出来ます。SK本舗のHPのトップでも無料でダウンロードができるサイトを紹介していますので是非見てみてください。今回私はSK本舗のロゴを出力してみます。

 

②CHITUBOX内でファイルを開く

 

データの用意が出来たら、CHITUBOXの左上にある「ファイルを開く」ボタンを押してデータを読み込みます。

 

 

 

 ③出力できるようにデータを修正する

 

プラットフォームからはみ出ました。青い四角い枠線が実際のプラットフォームにあたります。このままだとロゴの真ん中しか出力できないので向きを変えます。

 

 

 


この様な事態は十分起こり得ます。下の画像につけた赤い枠の部分は色々自分で触ってみて覚えるのが良いと思います。ちなみに向きを変えるのは左の枠に入っているボタンの上から2つ目です。

 

 

 

 

その他縮小したり、複製したり色々な機能があるので面白いです。色々試してみましょう。


ちゃんとプラットフォームに入るようになったら次はサポート材を付けます。サポート材は右上の設定マークの隣のマークを押すと色々と設定できます。これも色々と試してみましょう。

 

 

 

 

サポート材を付けるには下の赤四角のボタンのどちらかを押すと付けられます。

 

 

 

 ④設定画面で露光時間などの設定をする

 

サポート材が付けられましたら、また設定画面に戻り「設定」ボタンを押して露光時間などの設定を行います。

 

 

 

下の各項目の説明は改めて別の記事で説明しますが、一先ず下記の通りにしてみてください。今回はこの記事を読んでくれた方にサービスでSK水洗いレジン『白色』の基本的なパラメーターを紹介します。ここからもっと露光時間を短くしたり、増やしたりして自分の出したい出力物を出してください。(露光時間が長くなると出力物は太くなりますし、短くすると痩せます。)

 

 

 

スライスデータを作成する

 

設定が出来ましたら、「スライス」ボタンを押してスライスデータを作成します。

 

 

 

 

ちなみに設定画面にも出ていましたが、矢印で刺している棒を上げ下げするとどのようにスライスされるのかわかって面白いです。

 

 

 

 

データが出来ましたら「保存」ボタンを押して保存しましょう。 保存が出来ましたらこれで「.phz」の拡張子のファイルが完成です。


Sonic MiniはUSBメモリを介してデータのやり取りをするため、USBメモリに保存しても良いですが、PCにもこのデータはきちんと保存しましょう。(ほかの機種ではUSB以外にWi-Fiなどでやり取りできる場合があります。)

 

 ⑥出力しよう!

 

出力の仕方は先程と同じなので説明は省きますが、USBをSonic Miniに差し込んで出力したいファイルを選択して出力してみましょう。新しいデータを初めて出力する場合は失敗しても当たり前なので、設定など色々と変えてみながら3Dプリンターの特徴を掴んでいってください。

 

 

 

 

出力に失敗してしまったら

 

お、出力が終わった!と思って見に行ったらプラットフォームに何もついていない…ということがあります。


出力が失敗すると、FEPフィルムに硬化したレジンがぺったりくっついています。この場合、ツールを開いてバットクリーニングを実行してください。バットクリーニングが終了したら、未硬化のレジンを一度付属品の漏斗を使ってボトルに戻し、FEPフィルムに貼りついた悲しい残骸たちを剥がしましょう。この時、無理に取るとFEPフィルムが破れてしまうので、後ろ側からつつきながら剥がすとフィルムを破らずにとることが出来ます。剥がしたら再チャレンジです。

プラットフォームに何もついていない場合は下記の原因が考えられます。こういった対策を行ってから再チャレンジすると良いです。

 

 

原因

 

キャリブレーションが上手くいかなかった場合。キャリブレーションを再度行ってみましょう。ネジは丁寧に閉めましょう。

 

 

原因

 

初期層の露光時間が短すぎてプラットフォームにくっつかなかった場合。初期層の露光時間を増やしてみましょう。

 

 

原因

 

プラットフォームに硬化したレジンがくっついてつるつるしてしまっている場合。サンドペーパー(100番付近)でプラットフォームを荒してみましょう。

 

片付け

 

レジンって使って残ったレジンは置いたままで良いの?それともレジンボトルに戻して良いの…? というのがよくある疑問ですが、付属品の漏斗を使ってレジンボトルに戻しましょう。この際に、コーヒーフィルターを使用すると、固まってしまったレジンの破片だったりホコリだったりを除いて戻すことが出来ます。


使用したレジンVATは紙やアルコールを吹きかけてふき取り、すこし乾かしましょう。詳しい片付けや、洗浄の仕方は下記URLに詳しく書かれている方がいらっしゃるので、こちらを参照した方が良いでしょう。色々と考えさせられる内容が書かれています。

 


はじめての3dプリンター-造形準備と後片付けについて
 

 

今回の記事を初めてのSonic Miniのセッティング〜出力においての参考として使ってもらえたら大変嬉しいです。

3Dプリンターと言うのは出力して終わりではなく、片付けまでが3Dプリンター出力なのでしっかりと片付けをしましょう。そのまま放っておくとレジンがこぼれて家を汚したり、誰かにかかってしまったり取り返しのつかないこともあるかもしれません。周りに迷惑にならないようにしながら、3Dプリンターライフを楽しんでください。

 

 

 

第一講「3Dプリンターとはそもそも何か」

第二講「3Dプリンターにはどんな種類があるのか」

第三講「3Dプリンターを熱溶解層方式(FDM)から光造形方式(SLA)にした人にありがちな失敗の原因」

第四講「SK本舗で取り扱っている5種類のレジンとその特徴」

第五講「3Dプリンター(SLA方式)の性能の読み方」

第六講「サポート材周りのデザイン潰れの原因は“露光漏れ”かも!?」

第七講(前編)「3Dプリンターを購入して実際に使ってみよう! 〜購入からセットアップまで〜 」

第八講「3Dプリンターのパラメーターを理解しよう!」

第九講「3Dプリンター初心者にありがちな失敗とつまずきポイント 」

 

 

 

前の記事 次の記事

x

日本語