地球規模の気候変動を食い止めるために

ミステリーマン
ミステリーマン

広報エリナ
うーむ、今年は暖冬だなぁ。

ミステリーマン
ミステリーマン

ね、暖かいねぇ。なんか北極で観測史上初の20℃以上を観測したってニュースも見たよ。
シャッフルたん

広報エリナ
らしいね。温暖化との直接的な因果関係は分からないらしいけど、体感的にも気候変動が起こってる感じはするぞ。

ミステリーマン
ミステリーマン

環境問題かあ。去年はグレタ・トゥーンベリちゃんとかも話題になったけど、私たちも地球の一員として無視できない問題だよね。
シャッフルたん

 

 

広報エリナ
お、殊勝な心構えじゃないか。シャッフルたんは環境保護のためになんかしてるのかな?

ミステリーマン
ミステリーマン

んっとねえ、外に行くと色々と買い物したりしたくなっちゃうでしょ? やっぱり大量生産大量消費は問題だと思うから、最近はなるべく家に引きこもってyoutubeとか見て過ごしてるよ。
シャッフルたん

広報エリナ
そ、それだと単なる引きこもりじゃないか!? ていうか、せめて仕事しようよ。

ミステリーマン
ミステリーマン

仕事なんてエネルギーの無駄遣いだよ! 節エネルギーには引きこもってぐうたらが一番なんだから!
シャッフルたん

広報エリナ
妙に説得力があるな……とはいえ、環境保護のために全員が引きこもってたら世界は止まってしまう。というわけで、今日は、3Dプリンターとエコロジーに関して、最新の情報を紹介しようと思う。

ミステリーマン
ミステリーマン

おお、大事なテーマ!
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。さらに「3Dプリンターが本当に地球環境を救うのか」ということについても、少し考察してみようと思う。

ミステリーマン
ミステリーマン

難しそう~。
シャッフルたん

使用済み油を用いた土に還る「優しいレジン」が登場

広報エリナ

さて、まずは先日、ウェブメディアGIZMODOが紹介していたこちらのニュースを取り上げよう。

 

マクドナルドの使用済み油、エコな3Dプリント素材に。土に還るしコストも安いし
https://www.gizmodo.jp/2020/02/mcdonalds-fry-oil-3d-print-resin.html

 

なんでも北米カナダはトロント大学の研究チームが、使用済み油を加工して、3Dプリンタで使えるレジンに変身させる技術を編み出したそうなんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

使用済み油がレジンに!? どういうこと!?
シャッフルたん

広報エリナ
いや、本当に驚きなんだが、記事によるとトロント大学スカボロ校のアンドレ・シンプソン教授が、市販の3Dプリンター用レジンの原料の分子が、料理油の脂肪分子と構造が近似しているということを発見したらしい。
Don Campbell

ミステリーマン
ミステリーマン

な、なんと! 普通の人はまず絶対に気づかない!
シャッフルたん

広報エリナ
そうだな…笑。使用済み油と言えば下水詰まりの原因の一つ。あるいはシンクに捨てないにしても捨てるのが大変だし、なんせ現代では毎日大量の油が消費されてる。それをレジンに変身させてリサイクルするっていうんだから、これは実にエコな話だろう。

ミステリーマン
ミステリーマン

うんうん! 前にね、ファストフードとかでよく使われてるパーム油がオランウータンを絶滅に追い込んでるって話を聞いたことあるし!
シャッフルたん

広報エリナ
さ、さすがシャッフルたん…! 食べ物に関することはよく知ってるな。パーム油は主にアブラヤシという木から取れるんだが、このアブラヤシの原生林はマレーシアのボルネオ島にしかなく、このボルネオ島は数少ないオランウータンの生息地としても知られてるんだ。現在、このアブラヤシの伐採によりオランウータンが絶滅に瀕している。由々しき問題だな。

ミステリーマン
ミステリーマン

その上でも、油を無駄遣いはできないね。使う量もそうだし、そんな貴重な油なら、使用後もちゃんとリサイクルしないとだね。
シャッフルたん

広報エリナ
ああ。この使用済み油をレジンに変換するという研究に関し、まず手をあげたのは世界第2位の規模を誇る外食チェーンであるマクドナルドだったらしい。大手が名乗りを上げたことで、今後のこの技術が普及していくことは、間違いないだろうな。

ミステリーマン
ミステリーマン

ちなみにどれくらいの使用済み油でどれくらいのレジンが作れるの?
シャッフルたん

広報エリナ
どうやら油1リットルにつき420ミリリットルのレジンが作れるようだ。さらにこのレジンは生分解性があるそうで、土に埋めれば2週間ほどで微生物によってその20%が分解されるとのこと。

ミステリーマン
ミステリーマン

出力物まで地球に優しい、と!
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。最近はこの「土に還る」ということが、世界的な関心を集めている。この前も、土に埋めれば12週間で完全に生分解されるTシャツが発売され、話題になってたな。

 

【WIRED】そのTシャツは“植物”からつくられ、わずか12週間で土に還る

https://wired.jp/2020/02/16/vollebak-algae-plant-shirt/

 

ミステリーマン
ミステリーマン

作りやすいだけじゃなく、捨てやすいかどうかということも問われる時代なんだね。
シャッフルたん

広報エリナ
今後、このようにエコロジーの観点を取り入れたレジンが続々と出てくるかもしれない。SK本舗としても、エコを意識した開発を試みていきたいところだな!

世界の飲み水不足を3Dプリンターが救う

広報エリナ
ところで、3Dプリンターが活躍するのはリサイクルにおいてだけじゃないぞ。実は、世界の飲料水不足を3Dプリンターが解決するかもしれないと言われてるんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

水不足を解決? どういうこと?
シャッフルたん

広報エリナ
現在、地球上の水のうち、飲用可能な汚染されてない水は1%未満と言われている。このことから発展途上国では清潔な飲料水が恒常的に不足しているんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

人口は爆発してるのに飲み水が足りないなんて…! どうすればいいんだろう?
シャッフルたん

広報エリナ
そこで3Dプリンターが活躍するんだ。実はすでに米国エネルギー省とゼネラルエレクトリックが、3Dプリンターを使用した新たなる淡水化技術プログラムで提携している。なんでも、ゼネラルエレクトリックは、3Dプリントされたタービンを使って空気、塩、水を圧縮し「過冷却ループ」なるものを形成する計画のようだ。凍結すると塩が氷から分離する性質を利用し、最終的に融解することで飲料水を作ろうということらしい。
出典:GE

ミステリーマン
ミステリーマン

人間は水からできてるっていうもんね。すると、3Dプリンターが多くの人の命を救うかもしれないってこと!?
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。しかも、水問題に取り組んでいるのはゼネラルエレクトリックだけじゃないぞ。他にもLiquidity Nanotechが「Naked Filter」と呼ばれる、3Dプリンティング技術によって可能となった濾過水製造のためのフィルターを製造、発売していたり、バース大学のエマ・エマニュソン教授が3Dプリンティング技術を用いて開発した浄水装置「HWTシステム」を設計していたりと、水不足問題においては3Dプリンターが大活躍しているんだ。
出典:naked filter

ミステリーマン
ミステリーマン

おおお!
シャッフルたん

広報エリナ
これは現在取り組まれている技術革新のほんの数例に過ぎない。次の十年間、イノベーターたちは3Dプリンターの能力を探求し続け、この水問題に関して、驚くべき効果をもたらすだろうと言われているぞ。

ミステリーマン
ミステリーマン

誇らしい~。バイオ3Dプリンターで出力した人工肉と合わせて飲みたい!
シャッフルたん

参考記事:「Nova Meat」が開発する3Dプリント人工ステーキ「Steak 2.0」とは? 2020年末にはレストランに導入か?

広報エリナ
おお、それは実にエコな組み合わせだな。まさに21世紀のエシカルフードだ。

結局、3Dプリンターは環境に優しいの?

ミステリーマン
ミステリーマン

いやー、勉強になる! で、結局のところ、3Dプリンターって環境に優しいってことでいいのかな?
シャッフルたん

広報エリナ
うん、もちろんだ……と、言い切りたいところだが、実はただ手放しに「そうだ」とも言えないらしい。

ミステリーマン
ミステリーマン

ええ! そうなの!?
シャッフルたん

広報エリナ
もちろん、3Dプリンティングが地球に優しいクリーンな技術になる可能性を秘めているということは誰もが認めるところだ。ただ、完全にクリーンだと主張するには時期尚早だとも言われているんだよ。

ミステリーマン
ミステリーマン

どういうこと?
シャッフルたん

広報エリナ
たとえば3Dプリンターの一般化による各家庭でのオンデマンド出力の実現は大量生産大量消費による環境破壊を抑制する効果があると言われている。これは事実だ。しかし、いまだ3Dプリンターの多くは工業用で、一般消費者には十分に普及していない。

ミステリーマン
ミステリーマン

うんうん。
シャッフルたん

広報エリナ
結局、現在の企業にとって、消費者のためにモデリングデータを作って、製品を各家庭で印刷できるようにする経済的なインセンティブが乏しいんだ。ようするに、技術としてはポテンシャルがあるのに、それを使う人間の欲望がそれを抑制してしまってるというわけだな。

ミステリーマン
ミステリーマン

ああ~。たしかに、企業としてはデータを一回だけ売ってあとは好きに出力してもらうより、商品をたくさん作って買ってもらう方が利益になりそう。
シャッフルたん

広報エリナ
そうなんだ。さらに製造業においても、現在、3Dプリンターの導入は進んでこそいるものの、まだ部分的な導入にとどまっている。すると、その技術導入がさらなる環境問題を引き起こすリソースの消費になってしまうとする意見もあるんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

ええ! 3Dプリンターの導入が環境問題を悪化させるって…そんなぁ。
シャッフルたん

広報エリナ
しかし、だ。やがて、3Dプリンティングが従来の製造全体に取って代わった時、3Dプリンティング技術は真にクリーンな技術になるとも同時に言われている。一般向け、工業向け、いずれにしても今はあくまでも過渡期ということだな。

ミステリーマン
ミステリーマン

なるほどー! 完全に3Dプリンターが普及した時、その潜在性が遺憾なく発揮されるってわけだね!
シャッフルたん

広報エリナ
そういうことだ。だからSK本舗としては、今後も特に一般向け3Dプリンターの普及に努めていきたい。ユーザーの皆さんも是非とも3Dプリンターによる環境改善の啓蒙活動にご協力して欲しい!

ミステリーマン
ミステリーマン

うんうん、それが地球のため、人類のためにもなるんだし!
シャッフルたん

広報エリナ
というわけで、今回は3Dプリンターとエコロジーの現在について、ちょっと駆け足で追ってみたぞ。以上、広報エリナでした!