あと¥5,500の購入で送料無料になります。

3Dプリンター用フィギュアデータの作り方と無料配布サイト

RSS
3Dプリンター用フィギュアデータの作り方と無料配布サイト

 

礼に始まり礼に終わる。どうも合氣道初段、SK本舗の広報エリナです。

 

茶髪は認めませんが、白髪染めの茶髪は許します。おすおすっ!


現在、個人で3Dプリンターを使用されている方の中には、フィギュア制作を目的とされている方が多くいらっしゃるかと思う。そこで、この記事では3Dプリンターでフィギュアのデータを作るにはどうすれば良いのか、3Dプリンター初心者の私、広報エリナが基本的なことを教わってきた。
 

 

3Dプリンターでフィギュアを作る!


3Dデータ制作を少し勉強すれば、UFOキャッチャーで頑張らずともある程度のフィギュアは制作でき、モデリングを極めればお店で売られているようなクオリティの高いフィギュアも自身で制作することができてしまうらしい。

 


 


こんな素敵なフィギュアを自分の家の3Dプリンターで出力できるとはすごい時代だ。私も目下特訓中である。


とはいえフィギュアを作りたいが、そのためのデータ制作をする時間が取れない、という方もいらっしゃるかもしれない。安心してほしい。そんな方でも簡単に3Dプリンターでフィギュアを作れる方法があるのだ。


実は3Dプリンター用のデータを無料配布しているサイトがある。3Dプリンターのデータ制作が面倒な方、あるいは見本と同じフィギュアを出力したいという方は、3Dデータ無料配布のサイトを利用すると良い。


そこで今回は、3Dプリンターを使用したフィギュア制作の方法として、フィギュアデータの作り方と、SK本舗がお勧めする3Dデータ無料配布のサイトを紹介する。3Dプリンターではどのようなフィギュアが作れるのか地味に楽しみだ。

 

 

フィギュアデータの作り方とは?


まずはフィギュアデータの作り方だが、フィギュアデータの作り方には様々な手法がある。


大きく分けると①ソフトを使用してモデリングする方法、②スキャナーを使用して3Dデータに変換する方法の2つだ。

 

 

①ソフトを使用してモデリングする

 

ソフトを使用して3Dデータを造形する作業のことを一般に「モデリング」と言う。そして、このモデリングに使用するソフトにも大きく2つの種類が存在する。「CAD」と「3DCG」だ。

 

 

CADを使用する方法

 

これは機械部品などのデータを制作するソフト「CAD」でフィギュアデータを作るという方法。


だが、CADって難易度が高く、初心者が使用するのは大変なのでは
……と思ったあなた、そんなことはない! もちろん、操作の難しいソフトもあるが、CADの中には子供でも(修行の身でも)フィギュアを制作することができるくらい、操作の簡単なソフトがあるのだ。


特にお勧めのソフトは、AUTODESK社が提供している「Tinkercad(ティンカーキャド)」である。ティンカーキャドにはフィギュア用のデータがあらかじめ用意されている。だから、それを自分でカスタマイズするだけで、自分好みのフィギュアを3Dプリンターで造形することができるのだ。


CADの基本的な概念を学ぶことができるため、初心者や子供にお勧めのフィギュアデータ作成ソフトである。

 

 

3DCGソフトを使用する方法

 

よりプロのようなフィギュアを制作したいのであれば、3DCGソフトの利用をお勧めする。

 

CADと3DCGでは何が違うのか? と思われた方、いらっしゃると思う。私もそう思った。空手と合氣道では何が違うのか? くらい普遍的な問いだ。因みに空手は突きや蹴りを主に習うが、合氣道は自分から攻撃はしないのだ。あと合氣道は袴がかっこいい。

 

話を元に戻そう。CADと3DCGの違いをかなり簡単に説明すると、CADでは計算式を元に3Dデータが作られているのに対し、3DCGではポリゴンを元に3Dデータが作られているという違いがある。(ポリゴン…?と思われた方は進化前の同じ名のポ〇モンを思い浮かべてほしい。正にそれだ。ちなみに私はミュ〇ツーをレベル99まで鍛え上げた。我ハココニ在リ)

 

3DCGソフトでは四角や三角などのポリゴンを組み合わせ、より表面が滑らかになるようにモデリングしていく。フィギュアでも特に曲面を多用した造形をしたいような場合はCADよりも3DCGを使用する方が良い。


3DCGソフトでお勧めのソフトは「Blender」だ。操作が難しいといわれている3DCGソフトの中でも比較的扱いやすいソフトであり、ストーリーアートや、VFXなども制作することができる。もし、プロのフィギュア作家を目指すなら3DCGソフトの勉強をすると良いのではないだろうか。

 

 

②スキャナーを使用する

 

これは立体物を3Dデータに変換するスキャナーを使用することでフィギュアデータを制作する方法だ。

 

この方法の魅力はなんといっても、CADや3DCGを用いたモデリングでは表現するのに時間がかかる滑らかな線も、スキャナーを使用すれば一発で再現することが可能、ということだ。アツい。

 

たとえば人間の顔は凹凸が多いため、モデリングで表現するためにはどうしても時間と手間がかかってしまう。だが、スキャナーを使用すれば、実物(スキャン対象)通りに滑らかでクオリティの高い3Dデータをすぐに制作することができるのだ!

 

ただ、もちろんこの方法の場合はモデルとなる立体物がすでにあることが条件となる。

 

また、スキャンの方が手間は少ないが、スキャンするだけではプリントアウトができず、やはりCAD等でデータ修正が必要とのことだ。そこは気を付けてほしい。


とはいえ本格的に行いたい方は、3Dプリンターと一緒に付属のスキャナーを購入することをお勧めする。

 

 

無料でフィギュアデータを手に入れる方法 

 

「簡単な方法もあるとはいえ、それでもやはりフィギュアデータを作るのは大変そうだ」と思った人も多いのではないか。文章だと難解に見えるからな。私も説明していて難解だ。そのような方のために、すでにモデリング済みのフィギュアデータを無料で入手できる、お勧めのサイトをいくつか紹介しよう。  

 

 

無料のフィギュアデータダウンロードなら「3Dモデラボ」

 

「3Dモデラボ」というサイトであれば無料でどのフィギュアデータもダウンロードすることができる。更に3Dモデラボはクリエイターさんが制作したデータをダウンロードして、コメントや評価することができるコミュニティーサイトでもある。

 

 

 

 

 

つまり、もしそなたがモデリングを覚えて、自分が制作した3Dデータもサイトにアップロードしたら場合、様々な人にそのデータを使用してもらうことができる、というわけだ。モノづくり冥利につきる瞬間だな。そしていつか私、広報エリナがフィギュアデータを作った暁には、必ずやサイトにデータをアップロードしたいと思うから、みんな是非ともダウンロードしてくれたまえ。 3Dデータ初心者は3Dモデラボで人気のあるクリエイターさんのデータのトレースをして勉強するというのも上達への近道になると思う。技術の上達は全て模倣から始まるからな。これは武道にも通じている部分だ! また、3Dモデラボではコンテストを開催しているので、自信のある3Dデータを投稿して、大会に参加しても面白いだろう。私もいつか参加したい。 合気道初段の腕の見せ所だ(無関係)。

モデラボはこちら  

 

 

クオリティの高い3Dデータなら「DMM.make」

 

「DMM.make」ではクオリティの高いフィギュアデータをダウンロードすることが可能だ。種類も豊富で、面白いフィギュアがたくさんアップロードされている。

 

 

 



ただし、DMM.makeはデータのダウンロードに料金が発生する場合がある。DMM.makeではクリエイターさんや企業がネットショップを開いているという形を取っていて、特に人気のショップやクオリティの高いフィギュアなどは、ダウンロードする際の料金も高くなる傾向にある。いわば稽古料だな。当然、無料のフィギュアデータもあるため、3Dプリンターさえあれば色々なデータをダウンロードして、十分にフィギュア造形を楽しめることだろう。

 


DMMメイクはこちら
 

 

3Dプリンターフィギュア制作まとめ!

 

さて、いかがだったろうか。

 

ここまでお読み頂いたように、最近はソフトの多様化も進み、またその機能も向上していることから以前よりもはるかに3Dデータの作成は簡単になってきている。とはいえ、3Dプリンター初心者が、いきなり複雑な形状のフィギュアを制作するのはまだ少し難しいのも事実だ。

 

そこで私、広報エリナからの提案としては、「シンプルな構造のフィギュアは自分でモデリングしながら、より高度なデータはダウンロードサイトで入手し、少しずつ勉強しながら3Dプリンターによるフィギュア制作を楽しむ!」というものだ。

 

もちろん、いきなり高額な3Dデータ制作ソフトを購入する必要はない。フィギュア制作のモチベーションを上げるためにも、無料ダウンロードで、人気クリエイターさんの造形物を出力してみることから始めるのがいいのではないだろうか。

 

なにはともあれ、皆さんの3Dプリンターライフに幸あらんことを!

 

以上、広報エリナでした。おすおすっ!

 

 

弊社、3Dプリンター通販サイトSK本舗のトップページは下記からどうぞ!


前の記事 次の記事

x

日本語