Anycubic 光造形式DLP 3Dプリンター 『Photon Ultra』

販売中
SKU: ACPHULTA
通常価格 ¥128,000 税込
通常価格 SALE ¥168,000 特別価格 ¥128,000 税込

法人のお客様ですか?
数量割引や優先在庫、請求書での決済などが可能です。
> 法人プランはこちら

教育機関のお客様ですか?
SK本舗では教育機関への導入にも力を入れております。
> 詳しくはこちら

良い商品だと思ったらシェア!
3D造形発展にご協力ください。

日本語マニュアルは商品の発送時にご登録のメールアドレスへ自動送信されます。
◎info@skhonpo.comよりご連絡いたしますので、【@skhonpo.com】のドメインからの受信が有効になっているかご確認ください。


※初期不良無償交換保証:弊社出荷日から1か月間
※メーカー保証期間:1年
※土・日・祝日、弊社休業日はお休みとなります。順番にご対応させて頂きますので、ご返信までにお時間を頂戴する場合がございます事を予めご了承下さいます様、何卒よろしくお願い申し上げます。
※一度ご注文頂いた場合は、発注の関係上キャンセル不可です。ご了承ください。

商品レビュー

合計3 件のレビュー レビューを書く

 

 世界初のDLP方式による民生機用光造形3Dプリンター!

 

DLP方式とは?

DLPとは『Digital Light Processing』の略で、プロジェクターなどに使用されている技術となります。デジタルミラーデバイスと呼ばれる微小なミラー(画素)を1つ1つ制御することで、画像を表示するという用途で使用されています。

Photon UltraはAnycubicとテキサスインスツルメンツ社の共同開発となります。『DLP』はテキサスインスツルメンツ社の登録商標です。

Texas Instrumentsより引用_DLPチップ

 

Photon Ultra(DLP)と既存のPhotonシリーズ(LCD)の違いは?

弊社で取り扱いのあるほとんどの光造形3DプリンターはLCD方式を採用しております。このLCD方式とPhoton Ultra のDLP方式の違いについては以下の通りとなります。

LCDとは『Liquid crystal Display』の略で、液晶ディスプレイの事をです。Resin VATをセッティングした時の下にあるLCDパネルの事です。3Dプリンター内部のLEDから発せられるUVライトをこの液晶ディスプレイに当てますが、造形する場所・しない場所をオンオフの切り替えを行いながらレジンに照射させることで印刷を行います。

DLPも同じよ様な事を行いますが、デジタルミラーデバイスの微小な画素部分(ミラー)がいくつもあり、この1つ1つがレジンを硬化させるかさせないかを制御する為、非常に細かいUVライトを照射できます。

また、同じようにUVライトをレジンに当てますが、比較すると硬化させない部分にUVライトの光が漏れにくいのがDLP方式となります。

 

 

分かりやすい様に同じサイズのAnycubicの3Dプリンターで比較してみましょう!

 

 大きく変わるところは出力できる造形サイズの大きさと解像度の部分となります。

この上のスペック表を見る限りでは Photon Mono の方が優れていると判断してしまいます。ですが、下の画像を見てください!

 ↑↑ こんなにディティールの差が!! ↑↑

Photon Ultraの方が細部までしっかりと表現が出来ています!!

その理由は先に述べた通り、

DLP方式は、硬化させたくない部分の光漏れをゼロにすることができるが、LCD方式ではゼロにできない!

これに尽きます。光漏れを防げることによりぼやけたディテールにならないのが利点です。


ランニングコストに優れている!

 Photon Ultraは消耗品についても優しいです。

LCDパネルの平均寿命は約2,000時間であるのに対し、DLP部分の平均寿命はなんと20,000時間以上であります。パーツ交換の際にかなりの値段がするLCDパネルですが、その部分がDLPに代わるだけでかなりのコスト削減が可能です。

また、こちらのDLPプリンターは平均消費電力も8.5W(定格電力は12W)と少ない設計の為、熱の放出が少なくなっており本体に対しても優しい設計になっております。熱は冷却ファンを必要とせずにラジエーターを介して放散され、ユーザーに非常に静かな印刷環境を保証します。

 

 造形物との接着性と容易に取り外しができる新設計のビルドプレート

造形物の脱落を起こしにくくする為に、チェッカーパターンに刻印されたビルドプレートを採用!また同時に造形物を簡単にビルドプレートから取り外すことができるように設計されております。

  

以下はPhoton Ultraにて造形された作品です。anycubic社がkickstarterに出品したサイトより引用



 

Anycubic公式Youtubeより引用 

 

<製品仕様>

■本体サイズ:222 mm(L)227 mm(W)383 mm(H)
■本体重量:4kg
■造形方式:DLP(デジタル光処理)
■造形材料:UV硬化樹脂
■ビルドサイズ:102.4 mm(L)57.6mm(W)165mm(H)
■解像度: 1280-720
■XY解像度:80um(0 .080mm)
■Z軸解像度: 0 .01mm
■層の厚さ:0 .01-0 .15mm
■印刷速度: 1 .5S /レイヤー最大60mm / h
■操作: 2.8インチタッチスクリーン
■接続: USB
■AC入力:100~240 V、50/60 Hz
■消費電力:約12W
■英語取扱説明書
<ソフトウェア>
■ファイル形式:stl
■制御形式:.Gcode
■スライスソフトウェア:ANYCUBIC Photonワークショップスライサー