手のひらパン屋さん

手のひらパン屋さん

作品タイトル

手のひらパン屋さん

作者名

ミニチュア手芸教室『とまり木』

使った物

  • 3Dプリンター機種 sonic mini4k
  • レジン名称 abs likeレジン グレー
  • スライスデータ数値

・照射時間4000ms 
・ボトム照射時間40000ms 
・ボトムレイヤー8
・レイヤー間オフタイム10000 
・消灯時間10000 
・Z軸の距離6mm 
・Zリフト距離下部6mm 
・Z軸の速度50mm 
・Zボトムスピード50mm
・Zリトラクトスピード 60mm 
・スライス厚50

  • fepフィルム Peopoly FEPフィルム

こだわりポイント

ミニチュアのパン屋さんの小物制作でsonic mini4kを使わせて頂きました。
木と紙材以外のミニチュアはほぼ3Dプリントで制作しました。
パンに関してはレジンで作ると質感が異なるため、パンの原型を3Dプリントで制作してシリコンで型を作り、パン生地風の粘土を使い作りました。
レジンの節約のため、造形物の下が平らな場合はサポートを取り付けずに出力することがあります。
このスライスデータで出力すると失敗も少なく、造形物を剥がす際も無理な力を入れずに剥がせます。
fepフィルムはPeopoly FEPフィルムがかなりオススメです! 安物のフィルムと比べると失敗も少なくなりましたし、細かい物も綺麗に出力されます。

SNS

Twitter

https://twitter.com/JunkGreen

Instagram

https://www.instagram.com/mini_tomarigi/

その他

https://minne.com/@junk-green

写真

 

コメントする

コメントはスタッフの確認後に表示されます