サポート材(さぽーとざい)

3Dプリンターを使った造形は、底面からモデルが作成される。サポート材は、そのまま積層する事が難しい形状(例:Yのような形状)を造形する場合に必要である。もしサポート材がないと、せり出した部分が固化する前に落ちてしまい、所望の造形物を生成する事ができない。サポート材は、モデル造形後に取り除かれる(モデル形状や、サポート材の材質により、サポート材除去作業の難易度は変わる)。

例えば、画像の赤く囲った細いものがサポート材にあたる。

サポート材の付け方によっても出力の成功率が変わり、有償のスライサーソフトではこのサポート材を自動計算するものがある。