ロストワックス鋳造(インベストメント鋳造)(ろすとわっくすちゅうぞういんべすとめんとちゅうぞう)

アクセサリーや銀歯など、金属で複雑な形を成形する際に使われる方法。

柔らかいためワックスで作りたい形を作成し、その周りを石膏等で固めて金型の原型を作成する。この金型にはまだワックスが入っているので、ワックスが溶ける温度の蒸気をあてて溶かし出す(ロスト)ことで金属を流し込む金型が完成する。このワックスが取り除かれた金型に、最終的に作成したい製造物の素材となる金属を投入することで造形する。この一連の流れをロストワックス鋳造という。

なお、このワックスの代わりとなるレジンがキャスタブルレジンである。