CAD(3DCAD)(きゃど/すりーでぃーきゃど)

3Dモデリングの方法の一つ。「Computer Aided Design(コンピューター支援設計)」の略称。2D主体の設計を行う「2DCAD」と区別して「3DCAD」と呼ぶ場合もある。

寸法を正確に測りながら設計を行う必要があるもの、車や飛行機などの流線型状を含むもの、メカなどの可動フィギュア、歯科モデルなどの3Dモデル作成に向いているとされ、プロダクトや工業製品の出力に使われることが多い。

CADにおいては主に、Fusion360Shapr3Dなどの3DCADソフト、モデラーを使用する。