あと¥5,500の購入で送料無料になります。

3Dプリンターで何ができる?最低限知りたい基礎知識と造形方法・活用法!

RSS
3Dプリンターで何ができる?最低限知りたい基礎知識と造形方法・活用法!

 

3Dプリンターは業務用3Dプリンターを含めると、様々な造形方法が存在します。一般的な家庭用3Dプリンターでは「熱溶解積層方式」と「光造形方式」の2種類が一般的です。しかし、業務用の3Dプリンターでは高精度を求めた造形方式を採用しています。そこで今回は、家庭用3Dプリンターができる4つの活用法と、業務用3Dプリンターができる3つの用途を紹介します。3Dプリンターを利用することで、私たちの生活にどのような彩を与えてくれるのでしょうか。

 

 

家庭用3Dプリンターでできること

 

家庭用3Dプリンターと、業務用3Dプリンターでは用途が大きく異なるケースがあります。そこで、家庭用プリンターと業務用3Dプリンターそれぞれの主な用途を紹介します。

 

 

家庭用プリンターの主な用途

 

業務用3Dプリンターの活用法を理解するには、家庭用3Dプリンターの用途を把握する必要がありそうです。家庭用プリンターを購入する目的はそれぞれ異なりますが、主に以下の目的で購入する方が多いようです。

 

 

・子供の学習目的


・ハンドメイド製品制作


・CADのテストプリント


・3Dプリンターの理解を深めるため

 

 

家庭用3Dプリンターでも、本格的な造形物を制作することが可能ですが、主に、簡単な構造物の制作や、お子さんの学習理解を深めるために利用している方が多いようです。家庭用3Dプリンターで「CADの概念」を理解して、設計などの仕事に就く方も年々増加しているようです。

 

 

業務用3Dプリンターの主な用途

 

業務用3Dプリンターの造形方式は家庭用3Dプリンターの造形方式よりも多く存在しています。以下に業務用3Dプリンターの用途と造形方式を示します。

 

 

業務用3Dプリンターの用途


・機械部品の制作


・歯科モデルの制作


・建築モデルの制作

 

 

造形方針種類


・熱溶解積層方式


・光造形方式


・材料噴射


・粉末床溶融結合方式


・結合剤噴射

 

 

業務用のプリンターでは主に以上で挙げた方式でプリントアウトします。以上で挙げた方式では具体的に、どのような活用事例があるのでしょうか。

 

 

業務用の3Dプリンターの用途と活用法事例!

 

 

業務用の3Dプリンターは幅広い造形物の出力が可能です。工場やモノづくりの用途によって出力する方法が異なります。そこで、業務用の3Dプリンターの用途と活用事例を紹介します。

 

 

熱溶解積層方式で可能な造形物

 

熱溶解積層方式は家庭用プリンターで多く利用されている製品ですが、業務用の3Dプリンターでも熱溶解積層方式のプリンターを利用することがあります。熱溶解積層方式はフィラメントという樹脂を溶解して、層を重ねることで造形物を制作する方法です。以下に熱溶解積層方式のプリンターで造形できる製品を示します。

 

 

・精密部品モデル


・冶具作成(工場で使う金具)


・靴モデル


・建築モデル

 

 

熱溶解積層方式の業務用3Dプリンターでは、設計事務所で建築モデルの制作に使用されているケースがあります。大量生産にはむいていいませんが、クオリティの高い造形物が手軽に制作できるので、建築業者でも人気の3Dプリンター造形方式です。

 

 

光造形方式で可能な造形物

 

光造形方式も熱溶解積層方式でも多く利用されている方式です。光造形方式は紫外線硬化樹脂に紫外線を照射して造形する方法です。業務用では、以下の分野に利用されています。

 

 

・自動車部品モデル


・ジュエリーモデル


・フィギュア制作


・アクセサリー制作

 

 

業務用の光造形方式のプリンターでは、ハンドメイド制作のパーツなどを制作している業者が多いようです。クオリティの高い造形物の制作が可能です。

 

 

材料噴射方式で可能な造形物

 

材料噴射方式はノズルから光硬化樹脂を噴射して、造形と同時に噴射された樹脂を固めながら造形する方式です。以下に材料噴射方式が活用されている造形物を示します。

 

 

・ゴムライク製品の試作


・フルカラー印刷


・医療機器

 

 

材料噴射方式ではフルカラー印刷が可能で、ゴムライク製品や医療部品に使用されることがあります。フルカラー印刷ができるので、クリエイティブな造形物の印刷も可能です。

 

 

粉末焼結積層造形方式

 

この造形方式では金属材料を使用することができるので、強度がある造形物を制作することが可能です。粉末にレーザーを照射し、造形する方法です。最終モデルの制作まで作ることが可能です。以下に粉末焼結積層造形方式が利用されている造形物を示します。

 

 

・バイク部品

 

・レーシングカー部品

 

・自動車部品

 

 

粉末焼結積層造形方式は金属材料を利用できる点が大きなメリットになっています。金属材料が利用できれば、耐久性が求められる自動車関連部品などのテスト部品を造形することが可能です。業者ではこのモデルの3Dプリンターが多く導入されているようです。

 

 

家庭用は理解を深めるために!業務用は耐久性がある造形物を!

 

 

家庭用3Dプリンターでは、3Dプリンターの知識や構造を理解して、業務用のプリンターでは製品のテストモデルや、耐久性が求められる機械部品の製品を制作することが可能です。いきなり業務用の3Dプリンターを購入するのではなく、最初は家庭用3Dプリンターから勉強することをおすすめします。3Dプリンターについてお困りの際はSK本舗に問い合わせてみましょう。

 

 

前の記事 次の記事

x

日本語