パンデミックと3Dプリンター

ミステリーマン
ミステリーマン

広報エリナ
うむむ、世界は大変なことになってるな。

ミステリーマン
ミステリーマン

エリナちゃ~ん、どうしたの?
シャッフルたん

広報エリナ
いや、新型コロナウィルスに関して、フランスのマクロン大統領が、全国民に外出禁止令を出したんだよ。

 

仏大統領、買い物など除き外出控えるよう命じる 違反者には罰則

https://news.livedoor.com/article/detail/17975778/

ミステリーマン
ミステリーマン

ほ、本当だ…。ひええ、これは「戦争状態」だってことまで言ってる。
シャッフルたん

広報エリナ
世界的な危機ってことだな。日本にはオリンピックの問題もあるし、果たしてこのパンデミック、どうなることやら。

ミステリーマン
ミステリーマン

なんか情報を意味するインフォメーションとパンデミックを掛け合わせた「インフォデミック」って言葉も今回使われてるみたいだね。SNSを中心とした情報の拡散が、さらなる混乱を引き起こしてるって。
シャッフルたん

広報エリナ
フェイクニュースも多いしな。

ミステリーマン
ミステリーマン

ううう、こうなってくるともう3Dプリンターどころじゃないのかな。
シャッフルたん

広報エリナ
いや、こうした混乱した状況でこそ、テクノロジーの真価が問われる ってところだろう。

ミステリーマン
ミステリーマン

あ、そういえば、前に中国の武漢で不足している感染者の隔離病棟を3Dプリンターで製造してるって話も記事にしたね。

 

1日で100棟の隔離病室を出力! 3Dプリンターが新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ!?

シャッフルたん

広報エリナ
うむ。しかし、このパンデミックに関して、3Dプリンターが活躍しているのは、そこだけじゃないんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

え、どういうこと!?
シャッフルたん

対症療法のための医療機器を3Dプリンターで出力

広報エリナ
現状では報道の通り、新型コロナウイルス感染症に関しては治療法は確立されてないんだ(3月17日時点)。あくまでもできるのは症状を緩和する対症療法のみ。

ミステリーマン
ミステリーマン

うんうん。だからこそ、世界がパニックになってるんだよね。
シャッフルたん

広報エリナ
そうだ。しかし、その対症療法において、各地の医療現場でトラブルが続出している。

ミステリーマン
ミステリーマン

どういうこと?
シャッフルたん

広報エリナ
明確な治療法が確立されていないということは、新型コロナウイルス感染症を治療できるのは、現状で人体に備わった免疫システムということになる。ただ、コロナウイルスは低酸素血症などを引き越して人体にダメージを与えることから、免疫システムが十分に働かないようにさせてしまうんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

恐ろしい…。
シャッフルたん

広報エリナ
その場合、免疫系統を活性化させるためにも医療機器によるサポートが必要になる。たとえば人工呼吸器とかだな。しかし、この医療機器が現在、不足しているんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

!! そうだよね、日本でもマスクやティッシュすら手に入らない状況だし。
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。今回のパンデミックでグローバルサプライチェーン、つまり国際的な物流が大きく停滞してしまっている。実際、感染拡大が著しいイタリアのロンバルディア州の病院では、3月13日に人工呼吸器の弁が壊れてしまったものの、その納品が難しい状況に陥ってしまった。

ミステリーマン
ミステリーマン

ピンチだ~! イタリアはもう2万人近い感染者がいるんだもんね。
シャッフルたん

広報エリナ
そこで3Dプリンターに白羽の矢が立ったんだ。3Dプリンターが可能にする未来において、私たちも強調してきたことの一つに「地産地消」がある。つまり、「もの」を必要なぶんだけ、必要な時に生産できるようになるというのが、3Dプリンター時代の利点なんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

なるほど。てことは壊れた部品を3Dプリンターで出力して補填したんだね!?
シャッフルたん

広報エリナ
ああ。イタリアで3Dプリンターの普及に努めている、Massimo Temporelliさんという方が陣頭指揮を取り、その病院に3Dプリンターが搬入されたんだよ。すると数時間で人工呼吸器の弁がプリントされた。急ぎで作ったものだから、形状に微妙な差異はあるものの、十分に使えるものだったらしい。

 

 

まさに面目躍如の働き!
シャッフルたん

広報エリナ
そうなんだ。このようにサプライチェーンの崩壊によって、期せずして3Dプリンターの真価が問われるようになっているんだ。詳しくは以下の記事に書かれてるぞ。

 

Italian hospital saves Covid-19 patients lives by 3D printing valves for reanimation devices

 

グローバルサプライチェーンの崩壊が意味すること

ミステリーマン
ミステリーマン

それにしても、このパンデミックはいつまで続くんだろう。対症療法にも限界がある気が。
シャッフルたん

広報エリナ
そうだな。抜本的な治療方法の確立が、今世界中の研究チームによって進められているところみたいだな。その上でも3Dプリンターが大きな役割を担ってる。

ミステリーマン
ミステリーマン

そうなの?
シャッフルたん

広報エリナ
たとえば、3月頭に、中国の湖南省の人民医院南院という病院で、新型コロナウイルスによる肺炎患者の病巣模型を3Dプリンターで作成することに成功した

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

!!
シャッフルたん

広報エリナ
AFP通信のニュースによると、同病院の3Dプリントセンター責任者は、肺病変の一般的なCT画像はどれも平面的だが、3D立体模型は患者の動静脈や気管支をリアルに再現しており、立体的に観察でき、診察の際に持ち込んで確認することも可能だと説明しているようだ。「プリンターで出力した新型肺炎患者の肺病巣模型を医師が利用することで、患者の肺の病状進展を直感的かつ詳しく理解でき、患者に一層綿密で個別化した今後の治療計画を提供できるほか、患者の臨床治療に対する指針の役割も果たす」と語った、とある。

ミステリーマン
ミステリーマン

マクロン大統領の話じゃないけど、まさにウイルスとの戦争に先端テクノロジーを持って立ち向かってる感じだね。
シャッフルたん

広報エリナ
ああ、ただ今回のパンデミックによるサプライチェーンへの打撃は、3Dプリンターの流通にも影響が出てきている。もし、この厳戒態勢が続けば、本来はより3Dプリンターが必要とされる状況が生まれるかもしれないのに、肝心の3Dプリンターの流通が遅れてしまったら元も子もない

ミステリーマン
ミステリーマン

フランスで外出禁止令が出ているいま、他の国も今後、それに続くかもしれないよね。
シャッフルたん

広報エリナ
それこそ自宅待機が長引くとなれば、各家庭で3Dプリンターで必要な備品を出力できるような状態にしておけるのがベストなんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

コロナ時代のサバイバルには3Dプリンターが必須になるかもしれないってことだね。
シャッフルたん

広報エリナ
ああ。ウイルスという見えない脅威の存在で、人や物が移動し続けるグローバリゼーションに黄色信号が点灯してる。その点、3Dプリンターはローカリゼーションを可能にするテクノロジーでもある。しかし、もちろん、状況が今後どう転ぶかは予測不可能だ。ただ、転ばぬ先の杖は何個も用意しておいたほうがいいだろうな。

ミステリーマン
ミステリーマン

 時代の変わり目なのかも。でも、まずは感染者の皆さんが無事でありますように。
シャッフルたん

広報エリナ
本当に。隔離病棟や医療機器の出力など、そのために3Dプリンターが少しでも役立ってくれることを、3Dプリンターに関わるものの一人として願ってやまないぞ。