3Dプリンターだからこその高音質と独創的フォルム

 

ミステリーマン
ミステリーマン

広報エリナ
今日はチェコで生まれた最先端のスピーカーを紹介したい!

ミステリーマン
ミステリーマン

おお!チェコ! スロバギアじゃない方の国だね!
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。早速だが紹介したいスピーカーはこちらだ!

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

なにこれ~! おしゃれ! 渦巻いてる~!
シャッフルたん

広報エリナ
ああ、こんな形状のスピーカー、見たことないだろう? これはチェコのDEEPTIMEというメーカーが先日発売開始した「Spirula」というスピーカーなんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

質感も独特だね~。高級感溢れてる。
シャッフルたん

広報エリナ
なんでもガラスと同じ材質の硅砂という素材を用いて3Dプリンターで一体成型しているらしい。3Dプリンターを使ったことでつなぎ目のない曲面のみの構成を実現したんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

3Dプリンターならではのデザインってことだね。
シャッフルたん

広報エリナ
ああ、しかし、デザインだけじゃないぞ。ボディにつなぎ目があると響きに不均一性が生まれる原因になる。音響にとっても有害なんだ。つまり、デザイン、音響ともに3Dプリント技術があって実現したまさに最先端のスピーカーってわけだ。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

美しきスピーカー6選にも選ばれてる! こんなスピーカーが家にあったら確かにかっこいいな~。
シャッフルたん

 

 

広報エリナ
プラハを舞台にしたCMもあるぞ。この商品プロジェクト自体は数年前から進んでいたんだが、成型直後の表面のもろさゆえに量産化には課題があったんだ。ただ、新開発の特殊な硬化剤によって、この度、安定した性能を実現。全面リリースにこじつけたようだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

硅砂って素材も面白いね。
シャッフルたん

広報エリナ
チェコの名産でもあるボヘミアングラスの素材としても知られてるな。つまり、今回の「Spirula」はチェコの伝統技術と、最先端技術の融合というわけだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

メーカーのDEEPTIMEは2014年に立ち上がったベンチャー起業なんだね。
シャッフルたん

広報エリナ
ああ、創業者であり設計者のオンドレイ・チョトビンスキーさんはもともとあのスポーツカーメーカーの最高峰フェラーリでシャーシデザインなどの3Dモデリングを担当していたすごい方なんだ。この流体力学的な滑らかなフォルムはフェラーリ仕込みなのかもな。

ミステリーマン
ミステリーマン

気になるお値段は…?
シャッフルたん

広報エリナ
日本価格は税別で138,000円。色は漆黒と琥珀の2色展開のようだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

なるほど、高級!
シャッフルたん

広報エリナ
合言葉はSANDからSOUNDへ。近未来のスピーカーを先取りしてみたいところだな!

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

インテリアとしても素敵!
シャッフルたん

広報エリナ
ちなみに、もちろん、他にも3Dプリンターを使ったスピーカーはある。たとえば、こちら。英国はNODEが昨年に発売した「HYLIXA(ハイラクサ)」だ。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

これも近未来的! でも価格が520万円ってやばい~!
シャッフルたん

広報エリナ
こちらは完全受注生産のようだな。やはり3Dプリンターならではの継ぎ目のなさによって、これまでにはなかった低音域再生を可能にしたんだとか。

ミステリーマン
ミステリーマン

生で聴いてみたいなぁ~。
シャッフルたん

広報エリナ
今後も3Dプリンターを使用したスピーカーはどんどん開発されるはずだ! お手頃価格のスピーカーが登場するのを期待して待ちたいところだな!