自己モニター機能を備えた3Dプリント製血管を開発

ミステリーマン
ミステリーマン

広報エリナ
今月も3Dプリンター関連の様々なニュースをお届けするSK本舗ジャーナル!

ミステリーマン
ミステリーマン

おおう~! 今月はどんなニュースがあるかな!
シャッフルたん

広報エリナ

まず一つ目のニュースはこちら!

 

自己モニター機能を備えた3Dプリント製血管を開発

 

これまでもバイオ3Dプリンティング技術による医療分野での3Dプリンターの活躍は様々に紹介してきた。そんな中、今回開発されたのは血圧を電気パルスに変換することで、自ら血管の健康状態をリアルタイムでモニタリングできる3Dプリント人工血管だ。電気パルスとは、平たく言うと電気信号の波のことだぞ。

ミステリーマン
ミステリーマン

血管が血管自身の状態をモニタリングできるってすごい…
シャッフルたん

広報エリナ
日進月歩とはこのことだな。開発したのは米ウィスコンシン大学の研究チーム。近年では脳卒中を始め様々な病気の治療のために血管の一部を人工血管に置き換える治療が行われているが、血管の移植は実は失敗することが多いんだ。実に4割から5割は失敗らしい。今回、常時、人工血管の状態を常時モニタリングすることで、この失敗率を下げる可能性があると言われているそうだぞ。

 

(画像)UW-Madison

 

ミステリーマン
ミステリーマン

血管ってただの管だから付け替えるの難しくなさそうだけど、実は大変なんだね。
シャッフルたん

広報エリナ
ああ。今回の材料も、ナトリウムやカリウムにセラミックスのナノ粒子、さらに電体となるポリマーを組み合わせているとのこと。実に複雑な組織をなしているんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

なるほど~。電体が含まれてるから、血圧の変化を電気パルスに変換できるんだね。
シャッフルたん

広報エリナ
そうそう。研究チームは今後、同じ技術を人工内臓なども作成していくとのこと。いずれ、自分の身体状況を常にリアルタイム確認できる日がやってくるかもしれないな!

 

カーネギーメロン大学がどんな顔にもフィットする成形可能マスクを開発

広報エリナ

次のニュースはこちら!

 

カーネギーメロン大学がどんな顔にもフィットする成形可能マスクを開発
https://techable.jp/archives/136046

 

ここ半年ですっかり日々のユニフォーム化したマスク。最近は街でも様々なデザインのマスクを目にするようになった。そんな中、カーネギーメロン大が開発したのが3Dプリンティング技術を使った万人にフィットする成形可能マスクなんだ。

 

Image: Erica Martelly and Kenji Shimada created a prototype for a moldable mask

 

ミステリーマン
ミステリーマン

たしかに可愛いマスクは増えたんだけど、サイズ感とかで顔に合わなかったりするのも多いんだよね。
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。この成形マスク「N95フィルター」はその点、顔の輪郭にぴったりと合わせて成形できる。しかも、継続使用も可能とのことだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

それは便利! どんな素材を使ってるんだろう。
シャッフルたん

広報エリナ
なんでも低融点のプラスチック素材をベースにしているらしい。温水などの熱を加えることで、プラスチックがしなやかになり、マスク本体を着用者の顔の輪郭に合わせられるんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

温水で成形できる可能なんだね~。誰でもできそう。
シャッフルたん

広報エリナ
ああ。実際に設計やCADデータ、温水による成形手順などがWEBページ上に公開されている。デザインなど改善するたびに更新していくそうだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

最先端マスク! とりまデータ落としてみよう!
シャッフルたん

ダウンロードはこちら↓

http://www.andrew.cmu.edu/user/shimada/mask/moldable_mask.htm

 

裸足よりも快適な3Dプリンター製のソニックスニーカー「Light more than light」が話題に

広報エリナ

続いてはこちら!

 

裸足よりも快適な3Dプリンター製のソニックスニーカー「Light more than light」が話題に

 

これから秋に向かってハイキングを始め、外を長時間歩く機会が増えていく。そんなとき、一番欲しいのが履きごこちのいい軽い靴だが、まさに散歩や行楽にうって付けの3Dプリンター製ハイテクスニーカーが登場したらしいんだ。

 

Light more than light

 

ミステリーマン
ミステリーマン

ライト・モア・ザン・ライト! とにかく軽いってことだね!
シャッフルたん

広報エリナ

ああ。なんでも、

 

・ニット素材使用
・E-TPU素材使用
・3Dプリント技術使用
・滑り止めゴム使用
・ハニカム構造のインソール使用
・撥水(はっすい)性のある極細PUレザー

 

という様々な機能を搭載しているようで、歩行時や走行時の重量のかかり方を徹底的にシミュレーションし、ソールの前後の素材を変えることで、足への負担を極限まで軽減する作りを実現したらしい。

ミステリーマン
ミステリーマン

そのソールが3Dプリンター製ってことだね。
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。3Dプリンターならではの立体網像構造を採用したことで、振動や衝撃からも足を守ってくれるとのことだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

デザインもオシャレだね! ミニマルで近未来的! 私もランニングの時に履く用に買ってみようかな~!
シャッフルたん

広報エリナ
え、シャッフルたん、ランニングなんてしてたのか!?

ミステリーマン
ミステリーマン

あ、ううん、来月から始めようと思ってるの。
シャッフルたん

広報エリナ
それ絶対に始めないやつじゃん。

 

 

日本の伝統的な職人芸とデジタル技術を融合させたら芸術が生まれた

広報エリナ

今回の最後のニューースはこちらだ!

 

日本の伝統的な職人芸とデジタル技術を融合させたら芸術が生まれた

 

2020年8月、金属3Dプリンタの可能性を追求するデザインブランド「OshO」がその第一弾アイテムとして、金属3Dプリンタで造形した酒器「Syuki」を販売開始。さらに「OshO」は第二弾アイテムとなるマスク用インサイドホルダー「Musha_Kuchimoto」もすでに発売開始している。

 

「Syuki」

 

ミステリーマン
ミステリーマン

おお! 先鋭的なデザイン! 格子構造は3Dプリンター的だけど、全体としては和の伝統も感じる。まさに過去と未来の再構築だね!
シャッフルたん

広報エリナ
うまいこと言うじゃないか。「Syuki」の素材はステンレス。指の温度が伝わりにくい多層構造を採用してるようで、表面をイオンプレーティング加工しているとのこと。カラバリも豊富でお土産なんかにもちょうどいいアイテムだな。

ミステリーマン
ミステリーマン

確かに~! 「これ3Dプリンター製なんですよ」っていうお土産話もセットでできるし。
シャッフルたん

広報エリナ

うむうむ。ちなみにもう一つのアイテム「Musha_Kuchimoto」は、日々使用するマスクのストレスを軽減するためのインサイドホルダーなんだ。以下がその特性だ。

 

1.マスクをフックに挟むだけの簡単装着で快適な口元空間を作ります
2.立体3D設計により、細いフレームながら安定性が抜群
3.マスクがずれるストレスから解放されます
4.外側からはフックしか見えず目立ちません
5.11gと軽量なので長時間使用しても快適
6.金属3Dプリンターならではの造形美
7.表面にはイオンプレーティング加工処理を施し、美しさとご使用の際の安全性にも配慮しております。

 

「Musha_Kuchimoto」
ミステリーマン
ミステリーマン

これなら口に直接マスクがくっつかなくて良さそう。ずっと付けてると蒸れるし、つらいもんね~。
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。なんでも日本古来の武将甲冑をフォルムにおいてはイメージしたのだとか。なるほど、言われてみれば、だな。

ミステリーマン
ミステリーマン

一体、この「OshO」さんはどんなブランドさんなの??
シャッフルたん

広報エリナ
「OshO」さんは金属加工の企業「伊福精密」さんが運営しているブランドなんだ。この伊福精密さんは「金属加工の駆け込み寺」をうたっていて、いわば金属のスペシャリスト。2016年に金属3Dプリンターを導入して以降、その可能性と魅力をもっと広く伝えていきたいと、芸術性を追求する雑貨ブランドとして「OshO」を立ち上げたってわけだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

面白い試みだね! 第三弾アイテムも楽しみだな~。
シャッフルたん

[OshO」https://www.ifukuseimitsu.com/lp-syuki/

 

広報エリナ

ああ、手わざでは出せない造形力も3Dプリンターの秘めたる可能性だからな。どんどん追求してさらなる魅力をみんなに届けてほしい。

というわけで、以上、SK本舗ジャーナルでした!