人間の臓器にセンサーを直接3Dプリント

ミステリーマン
ミステリーマン

広報エリナ
さて、今回も3Dプリンターに関して様々なニュースが届いてるぞ!

ミステリーマン
ミステリーマン

わ~い! 気になるぅ~!
シャッフルたん

広報エリナ

2020年7月後半のSK本舗ジャーナル、まずはこちらのニュースからだ!

 

人間の臓器にセンサーを直接3Dプリントする技術が登場!

 

米ミネソタ大学ツインシティー校が、膨張収縮する臓器にセンサーを直接3Dプリントする技術を開発したらしい。この技術を応用すれば、今まさに感染拡大している新型コロナウイルス感染症の患者の肺の診断やモニタリングが可能になるそうだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

臓器に直接3Dプリンティング!? すごすぎる!
シャッフルたん

広報エリナ
今回開発された技術の元になっているのは、2018年に同研究チームが発表した動く手の皮膚上に電子回路を3Dプリントする技術のようだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

へ~! 動いてる臓器にプリントするって、でもどうやって?
シャッフルたん

広報エリナ
映画の撮影で使われるようなモーチョンキャプチャー技術を用いているとのことらしいぞ。プリントしたい表面の動きをリアルタイム推定して3Dプリントするんだ。すでに研究室では人工的に膨らませた動物の肺の表面へのセンサーのプリントに成功しているとのこと。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

医療現場でどう活躍していくのか楽しみだなあ。
シャッフルたん

広報エリナ
この研究の上位研究者であるMcAlpin教授は、「将来、3Dプリンティングが単なるプリンティングではなく、より大きな自律ロボットシステムの一部になる。これは、ヘルスケア提供者が患者の処置で危険に直面するようなCOVID-19のような病気には重要になる」と説明している。近未来医療において鍵となる注目の技術だな。

ミステリーマン
ミステリーマン

まさに今求められてる技術だね。
シャッフルたん

3Dプリンター製のピストンでポルシェの馬力が大幅アップ

広報エリナ

つづいてのニュースはこちらだ!

 

ポルシェが3Dプリンターによってピストンの10%の軽量化と性能向上を実現

 

以前より3Dプリンターを生産に導入してきたスポーツカーの代名詞である「ポルシェ」が、この度、「911 GT2 RS クラブスポーツ」のピストンを3Dプリンターで出力。それによって大幅な性能向上を実現したとのことだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

ピストンってどんな部位なんだろ??
シャッフルたん

広報エリナ
ピストンは自動車において動力を生み出したり排気ガスをエンジン外に押し出したりしている人間でいうと食べ物を消化する役割で、超大事なパーツなんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

!! 車の性能を左右するパーツなんだね!
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。今回の「911 GT2 RS クラブスポーツ」では、そのピストンが3Dプリンターによって出力されたわけだが、それによって鋳造した量産品より10%重量が軽くなったらしい。3Dプリント技術だからこそ、マシンに最適化された構造のピストンが製造できるってわけだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

へ~! どんな性能向上したんだろう??
シャッフルたん

広報エリナ
まず馬力のアップだ。もともと700馬力だったエンジンにさらに30馬力が加えられたらしい。馬力とはその車の最大出力値のこと。この出力値があがれば速度も上昇する。スポーツカーにとっては超重要な性能なんだ。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

おお~!鉄腕アトムでおなじみの馬力!
シャッフルたん

広報エリナ
む、たとえが古いな…(シャッフルたんの年齢とは…) 現状でこの技術を市販車に組み込むかは未発表だが、いずれ自動車のピストンは3Dプリンター製が主流になっていくんじゃないかな。今後も要チェックだ。

3Dプリント技術を駆使したお手軽簡単な「泡アート」が流行

広報エリナ

次はこちらのニュース!

 

インスタで「映える」と話題沸騰! 泡アートを可能にするリップルメーカーの鍵は3Dプリント技術

 

今、インスタを中心にリップルメーカーを使用したカフェラテやビールの泡で絵を描く「泡アート」が話題を呼んでいる。この気軽な「泡アート」を可能にしたリップルメーカーは、3Dプリンターの技術を応用して作られたものらしいんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

泡アート、私も大好き! でも、これまではバリスタさんだけの特別な技術だったよね?
シャッフルたん

広報エリナ
ああ、「泡アート」はこれまで、ある種の職人技術として一部のカフェなどで楽しむことができた特殊なものだった。それがこのリップルメーカーによって、セットするだけでイラストやメッセージ、さらにはお客さんの顔写真などを泡状に印刷することができるようになったんだ。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

すごーい!超簡単にできるんだね! あ、でもリップルメーカー自体は5年前に開発されてたんだ?
シャッフルたん

広報エリナ
ああ。元々リップルメーカーはイスラエルのスタートアップ企業であるリップルズが開発し、そこから徐々に浸透し、ようやく日本でも人気爆発となった感じだ。インスタでもリップルメーカーを使って作った自分の顔写真やイラストを使った「泡アート」がいっぱい投稿されてるぞ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

HennaART by Laura Savin(@hennajourney)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@magichour1216がシェアした投稿

 

ミステリーマン
ミステリーマン

え~、うちにも欲しい!
シャッフルたん

広報エリナ
確かに毎日のコーヒーが楽しくなるよな。ただ、コーヒーだけじゃないぞ。たとえば高級ビール「ザ・プレミアム・モルツ」がプロモーションのためにこのリップルメーカーを採用。昨年より、飲食店への導入を進めているんだとか。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

神泡でおなじみのプレモル! なんかの打ち上げの乾杯とかにめっちゃ合いそう!
シャッフルたん

広報エリナ
そうだろう! さらにリップルズ社はカフェラテ、ビールに続いて紅茶でも泡アートを展開するために窒素を含ませた泡立つ紅茶「ニトロティーー」も開発しているらしい。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

紅茶で泡アートを楽しめるのは嬉しい! なんか口当たりも良さそう~!
シャッフルたん

広報エリナ
うんうん。私としてはニトログリーンティーで泡アートをしてみたいな。もちろんプリントするのは大和絵だ。ハイテクに楽しむ和の心かな。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

日常が楽しくなるね!
シャッフルたん

広報エリナ
というわけで今回はここまで、以上、SK本舗ジャーナルでした!