3Dプリンターで広がる助け合いの輪

ミステリーマン
ミステリーマン

広報エリナ

さて、今回も3Dプリンター関連のニュースをお届けしよう。まず一発目はこちらだ。

 

お座敷に「3Dプリンター」焼肉店がフェイスシールドを製作し医療現場に「無償提供」

 

新型コロナウイルスの感染拡大も、まずは第一波が落ち着いてきている。東京アラートも6月11日はいったん解禁されており、つかの間の休息といったところだが、とはいえ、まだまだ第二波の危険が消えたわけじゃない

 

そんな中で、一般のお店や企業もまた、この問題への取り組みを進めている。例えば、FNNプライムの報道によれば、大阪の「海南亭」という焼肉屋さんでは、二階のお座敷席いっぱいに3Dプリンターを並べてフェイスシールドを作成し、医療機関に無償提供しているとのことなんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

焼肉屋さんがフェイスシールド!? すごい、全く関係ない業種なのに立派な取り組みだ~!
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。なんでも「海南亭」自体が、収入8割減の大変な経営状況らしい。それにも関わらず、社会貢献を行おうという姿勢が立派すぎるな!

 

大阪は鶴橋にある焼肉店「海南亭」

 

ミステリーマン
ミステリーマン

つらいのはみんな一緒、助け合っていこうってことだね!
シャッフルたん

広報エリナ
そういう取り組みができたというのも3Dプリンターがあってこそ。こうしたテクノロジーを通じた助け合いの輪がもっともっと広がっていくといいな。

ミステリーマン
ミステリーマン

うんうん!
シャッフルたん

3Dプリンターの初心者向けビデオシリーズが登場

広報エリナ

続いてのニュースはこちらだ!

 

3Dプリンティング初心者向けビデオシリーズ「3D Printer Academy」

 

3Dプリント教育の必要性はこれまでも記事で紹介してきたが、実際はといえばまだ教材も教育も十分には整っていないのが現状。そんな中で、初心者向けに3Dプリンティングについてを解説したビデオシリーズ「3D Printer Academy」がkickstarterに登場し、出資を募っているらしい。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

うわ~、私も見て学習したい~!
シャッフルたん

広報エリナ
うむうむ、何を隠そう、私もだ。どうしても忙しい日々の中だと参考書を片手に学習するための時間と体力の捻出が難しい。ただ、ビデオ教材であれば、もう少し気楽に学べそうなものだしな。

ミステリーマン
ミステリーマン

どんなことを教えてくれるんだろう。
シャッフルたん

広報エリナ
なんでも教材は5つのビデオで構成されているようで、目的のプロジェクトに適した3Dプリンターの選び方、必要なプログラムの紹介や使い方が説明されてるとのことだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

見てみない以上ははっきりとは言えないけど、すごいためになりそう!
シャッフルたん

広報エリナ
ただ、現状で日本語展開の情報は入ってきてない。基本コースは25ドル(約2700円)、電話相談込みのコースで125ドル(約13500円)で展開されるらしい。配信は2020年7月予定とのことだ。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

日本語版も出たらいいなあ~。あ、それかうちで作っちゃうとか?
シャッフルたん

広報エリナ
お、いい案かもしれない! みなさんからのリクエストがあれば、真剣に検討してみようじゃないか!

放射線治療を躍進させる3Dプリント線量計

広報エリナ

次は医療業界からこちらのニュース!

 

臓器を正確にコピーした3Dプリント線量計が、正確で安全な放射線治療に貢献

 

なんでも、産業技術総合研究所(AIST)と東北大学大学院 工学研究科 応用化学専攻、金沢工業大学 応用化学科の研究グループが、放射線を照射することで発色するラジオクロミック材料というものを素材にして、放射線の線量計の3Dプリントに成功したらしい。

ミステリーマン
ミステリーマン

なんか専門的な話! どういうこと??
シャッフルたん

広報エリナ
がん患者などに行われている放射線治療というのは知っているよな?放射線はがん細胞を消滅させていく力がある一方で、周辺の正常組織に影響を及ぼす危険があるため、その放射線照射には正確さが求められるんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

ふんふん、そこまでは分かった!
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。だからこそ、治療前には綿密な計画が必要なんだが、放射線の線量を測定するには様々な方法があるものの、なかなかに複雑で大変だったそうなんだ。そこにきて、このラジオクロミック材料の線量計が役立つというわけだ。

 

出典:AIST/東北大学大学院/金沢工業大学

 

ミステリーマン
ミステリーマン

分からなくなってきたぞえ。
シャッフルたん

広報エリナ
ん~、ざっくり言うと3Dプリンターで臓器そっくりの線量計を作り出したことで、その臓器に放射線を当てた際の線量分布が非常に分かりやすくなったってことだな。

ミステリーマン
ミステリーマン

なるほど! シミュレーションがしやすくなったんだね!
シャッフルたん

広報エリナ
うんうん。以前も小児の心臓の精巧な模型を3Dプリントすることで、オペの準備がしやすくなったという記事を書いたが、今回もそういうタイプの話だな。

ミステリーマン
ミステリーマン

それで少しでも助かる患者さんが増えるなら何よりだ!
シャッフルたん

出力品にラベルを埋め込む新技術が登場

広報エリナ

次はこちらのニュース!

 

3Dプリントしたオブジェクトに目視できないラベルを埋め込む技術「G-ID」 MITなど開発

 

アメリカはMITとイギリスはサセックス大学による研究チームが、3Dプリンタで印刷した立体物に固有のラベルを埋め込む「G-ID」という手法を開発したらしい。これにより立体物をセンサーで読み込んだり、コンピューターで識別したりすることが可能になるそうだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

なんだか近未来的な話!
シャッフルたん

広報エリナ

だな。技術としては、以下のように紹介されているぞ。

 

「3Dプリンタは構造物の下から上に、層のように線を積み重ねて印刷する仕組み。どの順番で積み重ねていくかを3Dモデルから計算するためにスライサーソフトウェアを使用する。このスライサーの工程のパラメーターを変更しておくことでラベル付けをするのが本手法だ。」

 

この方法なら外観を崩すことなくラベルを埋めることができるそうで、実際に外から見えるのは積層痕くらいだそうだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

なるほど~。ちなみに具体的にはどんな使用例があるの?
シャッフルたん

広報エリナ
たとえば、プリントしたマグカップに埋め込んだラベルをコーヒーメイカーと同期させておけば、コーヒーメイカーがラベルを読み込み、その人の好みのコーヒーを自動的に入れてくれたり、みたいなことが紹介されてる。あるいはゲームのキャラクター識別とかにも使えるらしい。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

へ~。色々と応用がききそうだね。
シャッフルたん

広報エリナ
今は身体にもマイクロチップを埋め込む時代だからな。実際に欧米では身体にマイクロチップを埋め込んで、買い物の時などは埋め込んだ部位をかざすだけで決済ができたりということも始まっているらしい。「G-ID」もまた、そういう時代ならではの技術なのかもしれないな。

ミステリーマン
ミステリーマン

私は落し物が多いから、あらゆるものにあらかじめラベルを埋め込んでおけば安心できるね。
シャッフルたん

広報エリナ
いや、まずは落とさないように気をつけようよ…。

ドイツの家電メーカーが部品のモデリングデータを無償提供

広報エリナ

最後のニュースはこちらだ!

 

ミーレが自社製品用部品3Dモデルのダウンロードサービスを開始

 

なんでもドイツの家電メーカーであるミーレが、自社製品の部品の3Dモデルのダウンロードサービスを開始するそうだ。まずはキッチン用ガジェットやバキュームクリーナ用アクセサリーなどの3Dモデルを提供するらしい。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

おお、それはすごい~! まさに3Dプリンター時代の到来って感じ。
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。これまでくどいほど喧伝してきたように、3Dプリンターの普及によって、商品の購入がすなわちモデリングデータのダウンロードになる時代がやってくると話してきたが、このニュースはそんな時代の到来を予感させるものだな。まだ部品に関してのみとはいえ、これは大きな前進だろう。

ミステリーマン
ミステリーマン

部品は販売されるの?
シャッフルたん

広報エリナ

いや、無料でダウンロードが可能とのことだ。推奨素材などもミーレ社が情報提供している。記事によればミーレ社のプロダクトマネージャーは以下のように発言してるらしい。

「ダウンロードサービスにより、お客様により多くのベネフィットとアイデアを提供することが可能になります。3Dモデルの多くは、以前では提供することが難しかったですが、今後は自由にダウンロードしてプリントしていただけます」

ミステリーマン
ミステリーマン

次は商品もデータで出して欲しいなあ! そうすればステイホームしたままのショッピングだって可能になるし、時代にもあってるよね!
シャッフルたん

広報エリナ

そうかもしれないな。在宅勤務の人が増えてる今、データのダウンロード販売~自宅での3Dプリンティングという流れは、徐々に主流になっていくはずだ。

 

というわけで今回も様々なニュースがあったな! 以上、SKジャーナルでした!