3Dプリンターで感染者が暮らしやすい隔離病棟を出力

ミステリーマン
ミステリーマン

広報エリナ
はっくしゅんっ!

ミステリーマン
ミステリーマン

あらま、エリナちゃん風邪?
シャッフルたん

広報エリナ
昨日からちょっとくしゃみが…。

ミステリーマン
ミステリーマン

この時期、新型インフルエンザも流行ってるし、それにコロナウィルスの問題もあるから心配だね…。
シャッフルたん

広報エリナ
コロナウイルスに関しては連日報道されているよな。中国では感染者が7万人を突破したらしいし。中国の方は気が気じゃないだろうな。どうにか元気を出して欲しいところだが。

ミステリーマン
ミステリーマン

ね、本当に心配。少しでも早く状況が良くなるといいんだけど。
シャッフルたん

広報エリナ
ネット上では隔離スペースの画像なども上がっているが、急ごしらえのスペースだったせいか、どこか戦時中を彷彿とするような殺風景だったし。どうか心を強く持って欲しいな。

ミステリーマン
ミステリーマン

う、う、う。日本でもダイヤモンド・プリンセス号の中で、つらい思いをしてる人が今もいっぱいいるし。
シャッフルたん

広報エリナ
ああ、隔離自体は仕方がないとはいえ、少しでも快適にリラックスして過ごしていて欲しいところだな。それでいうと、3Dプリンターが今回のコロナウイルス感染者の隔離対応に一役買っているという話もあるぞ。

ミステリーマン
ミステリーマン

え! ここでも3Dプリンターが?
シャッフルたん

広報エリナ
ああ。このツイートを見てくれ。

 

広報エリナ
今回、コロナウイルスの主要な感染地となっている中国の湖北省武漢市に隣接する咸寧(かんねい)市の病院で、新型コロナウイルスに感染した患者の隔離用に、3Dプリンターで作られた建物が導入されたそうなんだ。一棟あたり10平方メートルの面積を有し、エアコンやトイレ、シャワーも完備しているらしい。2時間で製造できることから、今、急ピッチで準備が進んでいるそうだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

すごい! この前もメキシコの3Dプリント住宅街について話したばかりだよね。そっか、こういう感染防止のための止むを得ない隔離や、あるいは災害時の仮設住宅なんかを急いで準備する上で、3Dプリンターは大活躍しそうだね。
シャッフルたん

広報エリナ
ああ。ちなみに、今回、隔離病室の印刷を手がけているのは上海市金山区にあるハイテク企業「盈創建筑科技(Yingchuang Building Technique)」というところのようだ。もちろん、移動可能な作りになっているため、すでに印刷済みの隔離病室を病院に送っていってるらしい。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

しかも2時間で作れちゃうっていうのがすごい!
シャッフルたん

広報エリナ
頑張れば1日に100棟の生産が可能なんだそうだ。保温性にも優れ、シェル構造を採用しているために風や地震にも強いらしい。

ミステリーマン
ミステリーマン

こういう危機的状況に役立ってこそテクノロジーだよね!
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。貧困対策、災害対策、あるいはノマドな暮らしの応援。3Dプリント建築は、今後ますます注目のテクノロジーになりそうだ……っくしゅん!目もかゆい…!

ミステリーマン
ミステリーマン

それ花粉症じゃない? とはいえやっぱり何事も予防は大事! マスクと消毒、あと免疫力をつけるための美味しいご飯!
シャッフルたん

広報エリナ
結局はそこか。まあ、しかしまずは健康第一。皆さんもくれぐれもお体にはお気を付けください!