気候温暖化がもたらす様々なリスク

ミステリーマン
ミステリーマン

広報エリナ
今日、最大の問題といえばシャッフルたんはなんだと思う?

ミステリーマン
ミステリーマン

ええ~、なんだろう? 問題はいっぱいあるしなあ。強いて一つ挙げるなら、今日の晩御飯をハンバーガーにするかハンバーグにするかという問題で悩んでたところだよ。
シャッフルたん

広報エリナ
相変わらずお気楽だなあ……。

ミステリーマン
ミステリーマン

なによー! 質問しといて…! じゃあエリナちゃんにとって最大の問題は??
シャッフルたん

広報エリナ
私にとっての最大の問題はいかにお小遣いの値上げを頼むか……ではなくて、やっぱり気候変動だな! 世界には政治、経済、新型コロナウイルスなどなど様々な問題があるが、いずれも安心して暮らせる地球環境があってのもの。特に温暖化は由々しき問題だ!

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

ふむふむ! 確かに暑くなるのはいやだよねえ。最近暑くて夜も寝苦しいよね~。
シャッフルたん

広報エリナ
それどころじゃないぞ。温暖化は単に気温が暑くなるだけじゃなく、オゾン層の破壊、海中プランクトンの死滅による酸素の低下、永久凍土の融解によるウイルスの氾濫、北極圏の氷が溶けることによる大洪水、さらには生態系が破壊されることによる生物多様性の損失……数えたらきりがないくらいの様々なリスクを引き起こすんだ。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

ひええ!それは大変すぎる…!
シャッフルたん

広報エリナ
うむ。今世紀末には4度前後の気温上昇が予測されているが、そうなった場合、人類がこの星で生きていける保証はもはやないらしい。

ミステリーマン
ミステリーマン

そしたら子供たちや孫たちの代には……
シャッフルたん

広報エリナ
 ……。

ミステリーマン
ミステリーマン

大変! どうすればいいんだろう?
シャッフルたん

広報エリナ
まずすべきことは二酸化炭素の排出量を減らすこと。広く知られている通り、二酸化炭素には温室効果があり、二酸化炭素量の増加はそれすなわち気温の上昇を意味する。だから、まずはその削減が重要だというわけだ。ただ、その上でも深刻な問題がある。

ミステリーマン
ミステリーマン

なになに?
シャッフルたん

広報エリナ
他でもない、サンゴ礁の死滅だ。

死滅へと向かうサンゴを再生するために

ミステリーマン
ミステリーマン

サンゴ礁って沖縄とかの海の中にあるあのカラフルな?
シャッフルたん

 

 

広報エリナ

うむ。そもそも海というのは地球温暖化を防ぐ上で重要な役割を果たしているんだ。地球ができてまもない頃の大気というのは、実はほとんどが二酸化炭素で占められていたと言われている。その後海ができ、プランクトンや珊瑚などの炭酸ガスを吸収する生物が誕生したことで大気中の二酸化炭素量が減少し、現在の大気が生まれたんだ。

 

中でもサンゴの二酸化炭素吸収力は素晴らしく、世界のサンゴ礁が吸収し固定している二酸化炭素量は大気中の二酸化炭素量の2倍とも言われている。つまり今、人間や動物たちがこの星で暮らせているのはこのサンゴ礁の働きなしには考えられないんだ。しかし、ここ数十年でサンゴ礁は急速に白化、つまり死滅に向かっていると言われている。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

えええサンゴが死んじゃってるの?
シャッフルたん

広報エリナ
サンゴはサンゴに張りつくように共生している大量の藻が起こす光合成のエネルギーによって生きているが、地球温暖化によって海水温が上昇し、この藻類が体内から喪失してしまい、それによってサンゴもまた白化してしまっているんだ。海洋汚染なども影響していると言われている。すでに世界中のサンゴ礁の70%以上が危機に瀕しているとのことで、あの有名なグレートバリアリーフの彩り豊かなサンゴさえ、2016年の1年間で全体の95%が死滅してしまい、大きく話題になった。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

温暖化を防ぐサンゴ礁が温暖化によってどんどん死滅って……。
シャッフルたん

広報エリナ
うむ、大問題だろ。

ミステリーマン
ミステリーマン

ハンバーグかハンバーガーかとか言ってる場合じゃなかったー!
シャッフルたん

広報エリナ
いや、まあそれはそれで悩めばいいんだが、ただ笑い事じゃないことになっているのは確かだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

どどどどうすれば?
シャッフルたん

広報エリナ
もちろん、様々な団体がサンゴ礁の保護にすでに立ち上がってる。まずは土砂の流出などの環境負荷を減らしたり、サンゴ増殖、移植などの再生策も考えられてる。そして、実はこのサンゴ礁の保護・再生の上でも、3Dプリンターが大いに役立つかもしれないんだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

なんと!!
シャッフルたん

バイオプリントされた「サンゴ」が藻類を育てる

広報エリナ
2020年4月、科学誌『Nature Communications』に、米国のケンブリッジ大学とカリフォルニア大学が共同でサンゴの微細構造を模倣して微細藻類を速く成長させることができる構造を3Dプリントにより作製したことを発表したんだ。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

サンゴの構造を模倣?
シャッフルたん

広報エリナ
さっき説明した通り、サンゴは藻類と共生し、そこからエネルギーを得ることで生きている。今回、研究チームはサンゴを3Dスキャンし、そのモデルを利用して高精度の3Dプリントサンゴを設計したんだ。自然のサンゴの入り組んだ構造を作成する上では高精度のバイオプリンティング技術を使用したらしい。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

なんと! でも確かにサンゴのあの複雑な形も3Dプリンターなら作れそう!
シャッフルたん

広報エリナ
そうなんだ。今回の目的はまず藻類のための人工的な宿主の微細環境を作り出すことだったんだ。実際、プリントされた人工サンゴを藻類の培養器として使ってみたところ、これまで使用されてきた藻類の液体増殖培地よりも藻の成長速度が100倍速いことが判明したそうだ。

ミステリーマン
ミステリーマン

100倍!
シャッフルたん

広報エリナ
自然の構造がいかに凄いかということだな。今回の研究は、サンゴの光合成エネルギーを効率的に収集する仕組み、つまり藻類との共生メカニズムを人工的に作り出すことでそのエネルギーを商用利用することを目的としたもののようだ。この技術は死滅しつつあるサンゴに変わって、二酸化炭素の削減につなげることができるとも言われている。

ミステリーマン
ミステリーマン

サンゴの代わりに藻を育てて光合成を沢山起こすんだね!
シャッフルたん

広報エリナ
そうそう、そうすることで海中のエコシステムを復活させれば、やがて本物のサンゴも復活することになる可能性だってあるからな。

ミステリーマン
ミステリーマン

サンゴ礁が3Dプリンターで復活するかも……すごーい!
シャッフルたん

広報エリナ
もちろんサンゴ礁保全のためには多角的な取り組みが欠かせない。ただ、光合成を起こす藻類の増殖には確実に助けとなるだろう。3Dプリンターで作られたバイオプリントサンゴと藻の共生、これぞ自然と科学のハイブリッドだな!

ミステリーマン
ミステリーマン

うんうん、この取り組みがどんどん進んでいくといいな。
シャッフルたん

広報エリナ
3Dプリンターによる環境保護活動は他にもあるぞ。たとえばフランスやタイでは3Dプリントした人工漁礁を製作、設置を行おうとしている。コンクリートの人工漁礁よりも自然物に近い人工漁礁を作ることで、環境再生に取り組もうというわけだ。

 

 

ミステリーマン
ミステリーマン

近い未来、海中が3Dプリンターの出力品で埋め尽くされるかも。
シャッフルたん

広報エリナ
そんな未来もありえるかもな。いずれにせよ、環境問題は地球上に住む生命体全ての問題だ。今後も3Dプリンターによる環境問題の取り組みに迫っていきたいと思っているぞ。