「銃器版のiTunesになれて嬉しい」コーディー・ウィルソンが開発した3Dプリント銃〈リベレーター〉をめぐる論争

3Dプリンターは正確なモデリング、素材選びを行えば、あらゆる物質を出力、制作することができる夢の技術だ。しかし、光あれば影あり。あらゆる物質を出力することができるということは、それゆえの「危険」性も当然ながら存在する。たとえば、それは銃器の3Dプリント、すなわち3Dプリント銃である。

3Dプリンターとレジンの通販SK本舗